乗り換えて連携

ドライブする

高速バスは他の交通機関と勝負していますが、時には互いに連携をしているときがあります。例えば高速道路上のバス停の側に鉄道の駅があったとき、互いに乗り換えの案内をします。またパーキングエリアの近くに鉄道の駅がある場合、状況によってそこから列車に乗れます。 時と場合によっては高速バスから鉄道の利用をした方が、良いことがあります。高速バスから鉄道を使う場合は、バス停やパーキングエリアから駅までの移動について知ることです。移動方法や時間そして距離について、あらかじめ調査することがとても大切になります。というのもそれらを把握しておくことで、高速バスや列車の時間に間に合わせるためです。また移動方法やルート、その他地図を書き込んだ紙を作成する方が良いです。

高速バスと鉄道を連携した場合に、様々なところにおいて効力が発行します。高速バスが高速道路の渋滞によって大幅な遅延が発生しそうなときは、鉄道が助け船となります。 遅延しそうなときに、駅近くにあるバス停もしくはパーキングエリアで乗り換えを促します。これによって、乗客たちは別の交通機関を使って目的地に行くことができます。さらに時間が多少遅れていたとしても、鉄道を使って遅れをいくらか緩和することができます。 この他にもケースがあり、それは高速バスと鉄道による相乗効果の発生です。居住地域に高速バス乗り場がなく、離れた場所にバス停があるというケースです。 このとき、バス停の近くに鉄道の駅が存在する場合、その鉄道に乗ることでバス停に行けます。